【パタゴニア コロナウイルスで国立公園封鎖 現地情報】

バックパック

現在、チリのパタゴニアに来ております。

地球でも最南端に近い場所に位置しております。

f:id:hayata0916:20200319154458j:image

パタゴニアは、有名なファッションブランド「Patagonia」のロゴの元になった山がある場所でも知られており、壮大な自然の中でのトレッキングを目当てに世界中から人々が集まる場所です。

パタゴニア行き方

日本からの行き方は、チリのサンティアゴから行く方法とアルゼンチンのブエノスアイレスから行く方法があります。

私は、サンティアゴから飛行機でプンタアレーナスという町まで飛びました。

サンティアゴからプンタアレーナス

所要時間:3時間

値段:3000円~5000円

手段:飛行機

プンタアレナスからは、パイネ国立公園へのスタート地点であるプエルトナタレスまで向かいます。

プンタアレナスからプエルトナタレス

所要時間:3時間

値段:1200円(7500~8000CLP)

手段:バス

参考程度に時刻表を

ぐしゃぐしゃでごめんなさい。

f:id:hayata0916:20200319154628j:image

 f:id:hayata0916:20200319154638j:image

3月16日 プエルトナタレスに到着

バスターミナルにつくと欧米人たちがざわざわしています。。。嫌な予感。。。

f:id:hayata0916:20200319154539j:image
f:id:hayata0916:20200319154558j:image

窓口で訪ねてみると、アルゼンチンが国境を封鎖したため、有名な氷河が見れるエルカラファテに行けないとのこと。

まぁ、しょうがない。

予定を変更して切り替えて、パイネ国立公園に長く滞在することにします。

SIMカードを購入できる場所もなく、風が強く寒かったので、バス停から近いホテルに泊まることに決定。

名前:Don Pedro

住所:Santiago Bueras N゜1203

値段:2400円(一泊・1人部屋・風呂トイレ付・朝食付き)

ここのホテルはWifiも強くて、ベッドもふかふか結構快適でした。

 オーナーのペドロは、気さくで優しい人なので、ツアーの手配やレストランなどを紹介してくれました。

まぁ、一泊2400円は少し高いかなと思いますが、一人でゆっくりできるのでお勧めです。

提供しているツアーはこちら

f:id:hayata0916:20200319154713j:image

私は、Fulldayツアーを予約しました。

内容:パイネ国立公園1日ツアー

値段:35000CLP

含まれてるもの:1日バンツアー、ガイド

予約後、ホテルで仲良くなったチリ人の親子と一緒に昼食を食べに行くことになりました。

パタゴニアは物価が高いので安いお店を紹介してくれました。

Milanesa de Pollo con fritos を注文します。

チリの料理とハンバーガー、サンドイッチなどがメインでしたが、500円から1000円程度とパタゴニアにしては安かったです。

帰宅してニュースを見ていると、チリ政府が18日から外国人の入国を禁止することを発表しました。

帰れるかなと心配していると、ペドロがパイネ国立公園も閉鎖された。と伝えてきました。

終わった。。。。。。

プエルトナタレスまで来た意味がなくなった。。。

いつまで閉鎖されているかもわからないみたいです。

ここまで合計20時間以上来たのに目の前に来て、国立公園閉鎖は絶望的です。

とりあえず、諦めて寝ます!!!

 
バックパッカーランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました