【フランスとの国境にある絶景】 マドリードからオルデサ国立公園行き方

バックパック

オルデサ国立公園

 

スペインとフランスの国境にあるピレネー山脈の景色が、最大限に楽しめるオルデサ国立公園に行ってきました。

f:id:hayata0916:20190315032426j:image

 f:id:hayata0916:20190315032230j:image

 

マドリッドからオルデサ国立公園

 

マドリッドから国立公園の麓にある町トルラを目指します。

 

バスや電車様々な方法を調べたのですが、70ユーロ以上かかり、時間も7時間から〜9時間と長時間かかります。

 

そこで Bla Bla Carを利用しました。

Bla Bla Carとは、クルマをシェアできるサービスで、個人のドライバーが、行き先と日時、空いている席数と値段を設定し、同じ目的地に行く人を乗せるシステムです。ヨーロッパでは、移動手段の一つとして発達しているものの、アメリカや日本では、禁止されています。

 

このアプリの良い点・悪い点を紹介します。

良い点

ほかの交通手段に比べ、安い・乗り換えをしなくて良いため、時間が短い。

また、新しい人と出会うのが好きな社交的な人が多く、長時間のドライブでも退屈せず、話し続けることができます。

多くの人は、お金よりも、交流が楽しいから続けていると言っていました。

 

悪い点

電車やバスのように決まった時刻がないため、個人で探す必要があり、ドライバーが急遽キャンセルする場合もあります。

ドライバーのレビューやIDの認証システムは存在するが、知らない人とドライブすることへ安全性。

会話をすることを楽しみにしているドライバーも多いため、英語または現地の言葉を話す必要があります。

 

私は、マドリッド在住の親子と6時間のロードトリップをしました。

とても優しく、面白い親子で、スペイン語と英語を使いながら会話し、6時間のドライブもあっという間に感じました。

 

Biescasという町で降ろしてもらい、そこから、バスで50分かけてトルラまで向かいました。

ビエスカスの街並み

f:id:hayata0916:20190315032234j:image
f:id:hayata0916:20190315032225j:image

11時にマドリード発

15時にビエスカス着

 

 

19:40のバスに乗り、

トルラに到着したのは、夜20:30。

 

トルラは、ハイシーズンの5月から8月には、大混雑するものの、私が行った3月は、店もほとんどしまっており、ホテルも2、3軒のみ空いていました。

 

店の数が少ない割には、レストランの値段も高く、1人20ユーロとかなり貧乏トラベラーには痛い出費でした。

 

宿泊先

Refugio Lucien Briet

1人 14ユーロ

・ロケーション ◎

・値段     ○

・スタッフ   ○

・快適さ    ○

朝食なし

チェックアウト後も、荷物預かってくれます

 

 

 

明日は、いよいよオルデサ国立公園へ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました